コーヒーを抽出する

ドリップコーヒー初心者は必見!点滴法で水滴を安定させる方法

こんにちは、「宅飲みコーヒー」を運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。
自宅で美味しい珈琲を飲むための役立つ情報を発信しています。

先日、Twitterで点滴ドリップについて投稿をしました。

今回は、ドリップコーヒー初心者でもかんたんに点滴ドリップを安定してキープできる方法を紹介します。

点滴ドリップを安定してキープすることができれば、雑味がないまろやかな口当たりのコーヒーを楽しむことができます。

ぽたぽたとキレのいい雫を作れない
油断すると一気に注ぎすぎてしまう

細口ケトルで注いでも、どうやったら安定して点滴をキープできるのか分からないですよね。

そこでおすすめしたいのが、急須スキッターです。

急須スキッターは、本来急須の注ぎ口に差し込んで湯切れをよくするものですが、コーヒーを淹れるシーンでも大活躍するんです!

アフターの方がすこ~しだけきれいな雫が出来ているように見えますが、実際は安定感が全然違います。

スキッター無しスキッター有り

 

急須スキッターがおすすめな理由

・とにかく安い
・ドリップケトルの買い替え不要
・ノズルに差し込むだけ(簡単に外れる)

「専用のドリップポットを買えばいいじゃん」と言う人もいますが、家に置くケトルは一つで十分だし、なるべく安く抑えたいですよね。

急須スキッターを使うだけで、お気に入りのケトルをそのまま使えたり、買い替えによる無駄な出費が減るなど、コスパが良くておすすめです。




点滴法で淹れるメリットとデメリット

点滴法は、ぽたぽた点滴でじっくり抽出する事でコーヒーに含まれるうま味成分だけを抽出し、後からお湯を足して濃さをコントロールする抽出法です。

点滴法を理屈で理解しても、はたして点滴法でコーヒーを淹れる意味なんてあるの?

そんな方のために、普通の一本線で注ぐ場合と点滴法で注ぐ場合では、コーヒーの味にどう影響してくるのか、点滴法で淹れるメリットとデメリットを深掘りしていきます。

点滴法で淹れるメリット

・ネルドリップの様な甘さやコクを引き出せる
・雑味がないから保存が可能
・冷めても味が落ちない

今回紹介する点滴法では、コーヒー成分のうま味だけを抽出して差し湯で濃度を調整するので、結果的に雑味が限りなく少ないコーヒーが出来上がります。

コーヒー成分にはうま味成分(溶けやすい)と雑味(溶けにくい)に分かれており、雑味が抽出され始めるタイミングまでに点滴法を抽出し終えなければなりません。

お茶をイメージしてもらうとわかりますが、一杯目はお茶の味がしっかり出ていますが、二杯目、三杯目になるにつれて渋みが増していきますよね。
コーヒーも同じで、美味しいエキスは蒸らしを含め3投目まで。
ここを理解すると、点滴法でなくてもおいしいコーヒーを入れられるようになります。

抽出前半のコーヒー液は、うま味たっぷりの特濃液。
抽出後半のコーヒー液は、ほぼ雑味の出がらし状態。

このように点滴法では、うま味成分だけを抽出して雑味を限りなくゼロにする抽出法なので、温度が冷めてもまろやかで飲みやすく作ることが可能です。

一晩常温保存しても、翌朝に熱湯を注げば淹れたてドリップコーヒーさながらの香りと味を楽しめます。

点滴法で淹れるデメリット

・大人数分を淹れるには不向き

なんといっても時間が掛かる為、大人数分を淹れている間にも冷めてしまいます。

どうしても大人数分作りたい場合は、前日に抽出したコーヒーを冷蔵庫保存、飲む直前に電子レンジでチンすればオッケーです。

味が落ちる主な原因が酸化なので、電子レンジは使わないようにしましょう。

どうしても使いたい場合は、煮立ってしまう前に加熱を止めましょう。
冷蔵庫保存の場合、600Wで1分10秒目安。

点滴法を安定させるやり方【初心者向け】

コーヒー1杯(200ml)を抽出する場合の抽出方法を解説します。

急須スキッターをケトルに付けたら、水滴が垂れていく角度をつかんでおきましょう。
一定の角度さえ分かれば、勝手に水滴を成してスムーズに落ちてゆきます。

ドリップコーヒー初心者だけど失敗したくない人は、まずは今回紹介する方法を完全にコピーしてください。

すべての工程に目的があり、意味があるからです。

それでは、点滴法に必要なものを用意していきましょう。

必要なもの

必要なもの

一人分の量、200mlとする場合

急須スキッター
ケトル
お湯500ml
コーヒー粉12g
コーノドリッパー MDK-21
耐熱ビーカー2つ
コーヒーカップ

急須スキッター…事前にノズルに差し込んでおきましょう。
そうするだけで蒸らしから細い1本線を描けます。

▼ノズルの形に合わせて曲げながら差し込むとすんなり入ります。

こうして

こうやって

こうじゃ!

お湯 500ml…ケトルに多く入れすぎると、手首が疲れやすいです。
温度は85度がおすすめ。熱湯は香りが飛んでしまい、えぐみが抽出されやすいためです。

まだケトルをお持ちでないなら、保温&温度調節機能がある山善ケトルがおすすめ!

使って納得!コーヒー愛好家が重宝する山善電気ケトルの使用感こんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人とむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しい珈琲を飲むための情報を発信しています...

コーヒー粉12グラム…細挽きは抽出時間が長い点滴法に不向きなので、中挽きか粗挽きにしておきましょう。

【1杯わずか40円】コスパ最高!コーヒー豆通販サイトを比較レビューこんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅でおいしいコーヒーを飲むために役立つ情報を発...

ドリッパー(コーノ推奨)…MDK-21もしくはMDN-21(いずれも名門)おすすめ。
点滴法で淹れるならコーノのドリッパーが一番味をコントロールしやすいです。

耐熱ビーカー2つ…ひとつはサーバー、もうひとつはドリッパーの受け容器。
もちろんビーカーである必要はないです。受け容器はマグカップでも代用できます。

ダイソーでも購入可能!

ケトル…やかんはNG(ノズルが太すぎる)ですが、急須なら抽出可能です。
但し2人分淹れる場合は、急須は容量が少ないので注意しましょう。

まずは点滴ドリップの準備です。

①ペーパーをドリッパーにセット

ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。

円錐形ペーパーフィルターには、正しい折り方があるのでしっかりみておきましょう。

コーノのペーパーフィルターの折り方が分からない方はコチラを参考にしてください。

【ハリオ&コーノユーザー必見】円錐ペーパーフィルターの折り方こんにちは、宅飲みコーヒーを運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しいコーヒーを飲むための役立つ情報を...

②湯通し

85度位のお湯をペーパーの中心を狙って100ml程度注ぎます。

このことを「湯通し」と読んでいますが、これにも目的があります。

湯通しの目的

1.余熱効果
2.ペーパーの臭み取り
3.ペーパーをドリッパーにフィットさせる

③蒸らしを30秒

コーヒー粉をペーパーに入れて、トントン、と平面にしてあげましょう。

「蒸らしはどのくらいの量を注げばいいの?」とよく聞かれますが、サーバーに数滴落ちる程度の量を注ぎましょう。
ここでは普通に注いで大丈夫です。

蒸らしは、あらかじめ粉をお湯で湿らせることで、粉に含まれている炭酸ガスを抜いて均等に抽出できるようにする為です。

 

④点滴を開始(1分間続ける)

蒸らしを始めて30秒ほど経ったら、点滴開始!

徐々にコーヒー液が落ちてゆきます。

この時、お湯をペーパーにかけようとせず、500円の大きさの円を中心にかくように注ぐと上手にいきますよ。

中心をにのの字を描くようにぽたぽた。。。

⑤湯を一本線にして100mlまで注ぐ

点滴法であまり抽出量を稼げなかった人は、2~3回に分けて注ぎましょう。

⑥ドリッパーを外して受け容器に移す

白い泡が落ちる前にドリッパーを別の容器に移してください。【超重要】

ここで注意したいのが、白い泡(雑味)を落とさないよう注意しましょう。

白い泡までカップに落としてしまうと、雑味が広がって美味しいコーヒーができません。

⑦差し湯をして好みの濃さに調整する

お好みで濃さを調整しましょう。

あっさり派の人はプラス70ml、コクが好きな人は50ml足してあげると美味しくなります。

お湯を入れたら薄くなるんじゃないの?と思われがちですが、ご安心あれ。
コーヒーのうま味成分のほぼすべては2~3投目で抽出されてしまうので、抽出液に差し湯してもコーヒーの味はしっかり残ります。

 

完成!

もっと点滴法を知りたいなら

もっと点滴法で美味しいコーヒーを淹れたいのなら、次の2つをおすすめします。

①本家本元の抽出法を本で学ぶ
②新鮮なコーヒー豆を用意する

①本家の抽出方法を本で学ぶ

点滴法について詳しく知りたいなら、まずは基本を学びましょう。

基本知らずして、我流はありえません!

 

点滴法といえば、コーノドリッパー、と聞いたことがある方は多いと思います。

でも、コーノドリッパーで抽出しても味の薄いコーヒーができてしまうのは点滴法の「基本形」を知らないからです。

基本形を知れば美味しいコーヒーを作ることができます。

インターネットで点滴法と検索すると、人によって内容がばらばらなので、調べれば調べるほど混乱してしまいます。

この本の最後には、コーノドリッパーの生みの親、珈琲サイフォン株式会社の河野社長による本家本元の点滴法も紹介されてるので、初心者の方は参考になると思います。

②新鮮なコーヒー豆を購入する

今回は、初心者でも点滴法を確実に安定させられる方法を紹介しましたが、コーヒー豆も大きく味に影響します。

当たり前ですが、コーヒー豆の品質が悪いと、どんな抽出方法を試しても美味しいコーヒーは生まれません。
なぜなら美味しいコーヒーはコーヒー豆が新鮮なことが前提だからです。

鮮度が良いコーヒー豆を手に入れるには、スーパーでもシアトル系コーヒーチェーンでもなくオンライン通販サイトで購入するのがおすすめです。

【1杯わずか40円】コスパ最高!コーヒー豆通販サイトを比較レビューこんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅でおいしいコーヒーを飲むために役立つ情報を発...

以上、今回は点滴法を確実に安定させる方法を紹介させてもらいました。

それでは今日も素敵なコーヒーライフをお過ごしください。

宅飲みコーヒーのとむ(@takunomi_coffee)でした。

Have a nice drip!