コーヒーを抽出

【超簡単】ドリップバッグがコーヒーに浸からない3つの方法

みなさんこんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。
自宅でコーヒーをおいしく飲むための情報を発信しています。

ドリップバッグにお湯を注いでる時にドリップバッグがコーヒーに浸かってしまうのがどうしても気になるんだけど、浸からない様にするにはどうすればいいのか知りたいな

今回は、ドリップバッグがコーヒーに浸からないようにする方法を解説していきます。

結論からいいます。

ドリップバッグホルダーを使いましょう。

ドリップバッグホルダー

カップの上に乗せ、ドリップバッグ両耳を掛けるだけでドリップバッグがコーヒーに浸からない便利なアイテム。
別の言い方で「ドリップバッグ用スタンド」とも呼ばれる。
雑味の過抽出を防いで、美味しいコーヒーを入れることができます。




ドリップバッグが浸かることは悪いこと?

まず最初に、ドリップバッグがコーヒーに浸かることは悪いことなのかをハッキリさせておきましょう。

コーヒーバッグがコーヒーに浸かる方法自体は悪いことではありません
浸漬(しんし)法はれっきとしたコーヒー抽出法であり、その代表例がフレンチプレスです。

ここで気をつけたいのが、必要以上に長時間浸かるのはNGということです。

ドリップバッグがコーヒーに浸かってもいい時間は、せいぜい1分半までだと思ってください。
抽出時間がこれ以上に長くなると、雑味成分がコーヒーに溶け出してしまうからです。
(過抽出のことですね)

コーヒーの過抽出とは?

コーヒー用語。コーヒー液を必要以上に多く抽出してしまうこと。
少ないコーヒー粉で必要以上のお湯で抽出してしまうと、コーヒー粉に含まれるうまみ成分のほかにまずい成分まで抽出されてしまいます。

「フレンチプレスは4分前後浸けて抽出するけど大丈夫?」と思うかもしれませんが、フレンチプレスでは極粗挽き豆を使う為、4分前後に合わせてゆっくりコーヒー成分が溶け出してゆきます。
一方、ドリップバッグに使われるコーヒー粉は中挽きが多いので、コーヒー成分が溶け出すのが早くなります。

挽いた粉の粒度(メッシュ)が大きければ多いほど、抽出に時間がかかります。逆に小さければ小さいほど、抽出時間が短くなります。

 




浸かるドリップバッグと浸からないドリップバッグ

そもそもドリップバッグには大きく分けて次の2パターンあるのはご存知でしたか?

①透過式ドリップバッグ 
②浸漬式ドリップバッグ 

透過式ドリップバッグ
(位置が高い)
浸漬式ドリップバッグ
(位置が低い)
どりっぷ(落ちる)タイプどっぷり(浸かる)タイプ

 

①の透過式ドリップバッグは、コーヒーに浸からないつくりになっていますが、②の浸漬式ドリップバッグの場合はどうでしょう?

浸漬式ドリップバッグで淹れるとカップの半分抽出したところで一部が浸かってしまいます。
これだと過抽出が起こり、エグみや悪いおこげのような苦味が溶け出してしまいます。

ドリップバッグをコーヒーに浸けてはいけない理由

冒頭で、「ドリップバッグが浸かる時間が一定時間超えてしまうと味が落ちる場合がある。」と説明しました。

ドリップバッグをしばらく浸けたままだと、せっかく抽出したうま味成分(豆本来の苦味や酸味)だけでなくまずい成分(渋みやえぐみ)まで抽出されてしまうからです。

これだけ覚えればOK

透過式ドリップバッグ
…「先にうまみ成分、後に雑味」
浸漬式ドリップバッ
…「長く浸け過ぎると、雑味が出る」
※時間とともにあらゆる味成分が溶け出していく。

わかりにくい方は、急須で淹れた時のお茶をイメージしてください。
茶葉を急須に放置したあと飲んでみると「渋〜いお茶」が出ますよね。
この渋みこそ、コーヒーでいう雑味だと思ってください。

ドリップバッグがコーヒーに浸からない3つの方法

ここでは、ドリップバッグがコーヒーに浸からない方法を3つ紹介します。

①ドリップバッグ用スタンドを使う
②ドリッパーをスタンド代わりにする
③背の高いカップで抽出する

①ドリップバッグ用スタンドを使う

冒頭で紹介した通り、王道ですが一番確実でスマートです。

カップの上にドリップスタンドを乗せて透過式ドリップスタイルに切り替えてしまうというやり方です。

なぜなら、ドリップバッグを慌てて取り外すときにこぼす心配がないからです。

気に入ったブレンドコーヒーのドリップバッグが浸漬式だったときの場合、ドリップバッグ用スタンドがあればいつでも簡単にできるのでおすすめです。

ドリップ用スタンドはシンプルな作りでコンパクトなので、会社に置いておいても邪魔にならないので便利ですね。

 

②ドリッパーをスタンド代わりにする

ドリッパーでも代用可能ですが、ドリップバッグの耳が掛からず、均等に抽出されない可能性があるため、可能であればドリップスタンドを使うことをおすすめします。

 

気をつけよう!

ドリップバッグにお湯を注ぐ前にドリッパーを温めておきましょう。

ドリッパーを使うなら、熱伝導率が高い陶器製がおすすめです。

③背の高いカップで抽出する

単純ですが、背の高いカップで抽出し終えてからマイカップに移し替える方法です。

ただ移し替えるだけでは、飲む頃には温度が下がってしまうので、カップにあらかじめお湯で温めておくと最後の一口までおいしく飲むことができます。

▼ちょうどいい高さのカップが見当たらないときは、水筒でも代用可能です。

抽出したコーヒーを水筒の中にしばらく入れたままだと、「熱ごもり」ができて味が劣化するので、抽出が終わったらすぐにカップに移し替えましょう。

【原因は”熱”】水筒にコーヒーを入れると味がまずくなる理由こんにちは、「宅飲みコーヒー」を運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しい珈琲を飲みたい方に役立つ情報...

ドリップバッグが浸からなければいい、わけではない

ドリップバッグで入れる時に注意したいのが、「浸からないようにする」ことだけが全てではありません。

コーヒーの味を決めるのは、他にもたくさん存在するからです。
例えば、抽出量、お湯を注ぐスピード、温度などなど・・・

いきなり言われても、どうやったらおいしくコーヒーを入れられるのかわからないよ

そんな方に向けて、ドリップバッグでコーヒーを美味しく入れる方法を紹介していますので、よかったらチェックしてみてください。

初心者向け!ドリップバッグでおいしいコーヒーを作る3つの条件こんにちは、宅飲みコーヒーを運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しい珈琲を飲みたい方にオススメの情報...

それでは今日も素敵なコーヒーライフをお過ごしください。

宅飲みコーヒーのとむ(@takunomi_coffee)でした。

Have a nice drip!