コーヒーの豆知識

コーヒーフィルターを湯通しするメリット【ペーパーリンス大事】

こんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。

普段はTwitterで自宅で美味しいコーヒーを飲むための役立つ情報を発信しています。

今回は、コーヒーフィルターにお湯をかける(ペーパーリンス)のメリットを解説します。

ペーパードリップで抽出しているのにコーヒーの味が変に感じたり、味が安定しないことってありますよね。

もしかしたら、ペーパーフィルターの臭いが原因かもしれません。
コーヒー成分と一緒に、ペーパーフィルターの繊維の臭いが混じって抽出されてしまうのが元となって起こります。

その悩みを簡単に解決するのが、コーヒーフィルターの湯通しです。ペーパーリンスのことですね。

ペーパーリンスとは、コーヒー抽出をする前にペーパーフィルターをお湯で洗い流すことです。(コーヒー粉をセットする直前にお湯を注ぎます)

実はこのひと手間を知っているだけで、ペーパーフィルターの臭みが取れたり温度をキープしたまま効率良くコーヒー成分を抽出できるので、コーヒー本来のクリアな味を出すことができます。




コーヒーフィルターの湯通し(ペーパーリンス)をするメリット

コーヒー粉をセットしていないのにお湯をかけるなんて、意味あるのかな?
はい、ありありです。寒い冬でもコーヒーが冷めないし、ペーパー特有の臭みを除去してくれるので、コーヒーの味がブレずに済むんです。お湯をペーパーフィルターに注ぐことをペーパーリンスとコーヒー界隈では呼んでいます。

ペーパーリンスのメリットを3つお話しします。

メリット1.カップが冷めない(予熱できる)

ペーパーリンスをする一つ目のメリットは、寒い冬でもコーヒーが冷めないことです。

コーヒー粉をドリッパーにセットする前にあらかじめお湯をかけてあげることで、ドリッパーからサーバーまで予熱することができるので、コーヒーの温度を保ったまま抽出することができます。

ペーパーリンスをせずにコーヒー抽出を始めてしまうと、冷え切ったサーバー容器がコーヒー抽出液の温度を奪ってしまい、せっかくの淹れたての美味しさが半減してしまいます。

ペーパーリンスした後のお湯は、必ずコーヒー粉をセットして抽出を始める前に捨てておくこと。

特に寒い日の朝は、サーバーに溜まったお湯を捨てずにカップに注いでおけば、コーヒーが冷める心配はありません。

コーヒーサーバーの多くは熱伝導しやすいガラス製なので、ペーパーリンスをしてあげるだけであたため効果が期待できます。

メリット2.豆本来のクリアな味を出せる(臭み取り)

ペーパーリンスをする二つ目のメリットは、豆本来のクリアな味を出せることです。

ペーパーフィルターの中には、特有の臭みがあり、 お湯に溶けて変な味に感じることがあるので、ペーパーリンスをすることで余分な臭みを取り除くことができます。

特に白いフィルターは漂白加工されているので、 ペーパーリンスをせずに抽出すると敏感な人は漂白の臭みを感じることがあります 。

また、ペーパーフィルターは臭いを吸収しやすいため保管する場所にも気をつけましょう。

台所の引き出しに入れている場合、保管中にいろんな臭いを吸収してしまうので、袋をあけっぱなしにせずジップロックなどに入れて匂いを遮断しておきましょう。

メリット3.泡が崩れない(リブに密着)

ペーパーリンスをする三つ目のメリットは、コーヒーを抽出で泡が崩れないことです。

ペーパーフィルターをお湯で濡らすことで、ドリッパーのリブ(ドリッパー内側についている線状の突起)にペーパーが密着してくれてコーヒー粉を入れた時に粉面がフラットになりやすいからです。

ペーパーフィルターをドリッパーに置いても、浮いていたり安定しないという人がいますが、ペーパーフィルターの折り方が原因かもしれません。

ペーパーフィルターを適当に広げてドリッパーに押し込んでいるだけ、という方は、この機会に参考にしてみてください。

【カリタ&メリタユーザー必見】台形ペーパーフィルターの折り方こんにちは、宅飲みコーヒーを運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しいコーヒーを飲むための役立つ情報を...

次に、ペーパーリンスのデメリットをお話しします。

コーヒーフィルターの湯通し(ペーパーリンス)をするデメリット

ペーパーリンスのデメリットを強いて言うならば、次の2つです。

1.お湯を多めに沸かす必要がある
2.アイスコーヒーに不向き

デメリット1.お湯を多めに沸かす必要がある

普段小さいケトルをお使いの方はお湯を多めに沸かす必要があるため、お湯が足りなくなるかもしれません。

とはいえ、湯通し(ペーパーリンス)はサッと1〜2周まわしながら注ぐ程度でOKなので、抽出したい量プラス100ml程度あれば間に合うでしょう。

大きいケトルの持ち合わせがない人は、注ぎ口が太いケトルからダイレクトに注ぐのもありです。

ちなみに私が普段使っているケトルは山善電気ケトル。

 

容量は800mlですが、1人用で使うには十分すぎる大きさです。

急な来客の場合でも最大3人分までならコーヒーを入れることができるので、超絶おすすめのケトルです。

使って納得!コーヒー愛好家が重宝する山善電気ケトルの使用感こんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人とむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しい珈琲を飲むための情報をTwitter...

このひと手間でコーヒーが美味しくなるのなら、やらない理由がありませんよね〜。

デメリット2.アイスコーヒーに不向き

コーヒーを抽出したら急冷するアイスコーヒーには不向きです。

仮にサーバーにペーパーリンスしたお湯を溜めても結局冷やすことになるので、二度手間を避けるためにもサーバー代わりに何か受け皿を用意しておきましょう。

コーヒーフィルターの湯通し(ペーパーリンス)をやってみた

コーヒーフィルター全体を濡らそうとするあまり、外側から注いでしまいがちですが、少しずれるとお湯がこぼれてしまったり、ペーパーが内側に折れ曲がってしまいます。

内側から外側にかけて円を描くように注いであげると、かんたんに確実。

濡れた紙は濡れた部分から乾いた部分にかけて水分を吸い上げてくれるので、ドリッパーの中間くらいを目印に注いであげるとスムーズです。

勉強のために、ペーパーリンスした湯通し湯を飲んでみました。

味は飲めない味ではないですが、確かに言えるのは、コーヒーの味を邪魔しかねないイヤな味でした。

特にドリップコーヒーの味は繊細なので、わずかな紙の臭いでもかんたんに味覚に影響が出ます。

ホットでもアイスでも、ペーパーリンスは重要だと身を持って確信しました。

コーヒーフィルターの湯通し(ペーパーリンス)以上に大切なこと

コーヒーフィルターの湯通し(ペーパーリンス)の重要性をお話ししましたが、美味しくコーヒーを飲むためにもっと大事なことがあります。

それは、おいしいコーヒー豆を手に入れることです。

おいしいコーヒー豆とは、プロが焙煎した新鮮なコーヒー豆です。

コーヒーの美味しさは鮮度に比例するからです。

どんな抽出法を以ってしても、一度鮮度が落ちたコーヒーから本来の美味しさを出すことはできません。

新鮮なコーヒー豆を手に入れる条件

・プロが焙煎した豆
・自家焙煎であること
・スペシャルティコーヒーを扱っている

ちなみに、近所のスーパーやグローサリーに置いてあるような市販のコーヒー豆はおすすめしません。
工場焙煎されている市販のコーヒー豆だと、商流の都合でどうしても焙煎から店頭に並ぶまで時間がかかり過ぎてしまいます。

コーヒーにおけるいちばんの飲み頃は、焙煎後3〜7日と言われているので、なるべく自家焙煎のお店でコーヒー豆を買うことをおすすめします。

家の近くに自家焙煎のお店がない人は、通販サイトを利用するのが確実です。

通販だと送料や品質、コスパなど気になることばかりですが、新鮮でおいしいコーヒー豆を提供してくれるお店はたくさんあります。

通販のコーヒー豆に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

【1杯わずか40円】コスパ最高のコーヒー豆通販サイトを徹底比較こんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅でおいしいコーヒーを飲むために役立つ情報を発...

それでは今日も素敵なコーヒーライフをお過ごしください。
宅飲みコーヒーのとむ(@takunomi_coffee)でした。