コーヒーの豆知識

【原因は”熱”】水筒にコーヒーを入れると味がまずくなる理由

こんにちは、「宅飲みコーヒー」を運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。
自宅で美味しい珈琲を飲みたい方に役立つ情報を発信しています。

あったかいコーヒーを水筒に入れて持ち歩いたときに限って、すぐに味がまずくなるのをどうにかしたい!何かおすすめの入れ方はあるかな?

そんな疑問に答えます。
まず、水筒容器にホットコーヒーを入れると、どんなに味がまずくなるのは本当です。

今回は、なぜ水筒にコーヒーを入れると味がまずくなるのかを解説した後に、美味しさが長持ちするおすすめの入れ方を紹介します。




水筒に入れたコーヒーがまずくなるのは、熱こもりによる酸化と冷えによる味覚の変化が原因です。

水筒に入れたコーヒーの味がまずくなる理由

水筒に入れる時は香り高いコーヒーなのに、出先で蓋を開けた時に香りが落ちているときってありませんか?

香りだけでなく、味も同じように落ちてしまっています。

その理由は2つ

・保温による熱こもり
・温度低下により雑味が際立つ

①保温による熱こもり

コーヒーを水筒に入れるとまずくなるのは、水筒の保温機能によって「熱こもり」が起こり、煮詰まった状態になるからです。

煮立ってしまうのは、水筒の蓋を閉じることで「熱気」がこもるからです。
この状態が続くと、「保温」がされる代わりに「過熱」に変わってしまい、コーヒーの酸化がはじまります。

その結果、コーヒーの味が煮詰まってしまい嫌なえぐみが生まれます。

②温度低下により雑味が際立つ

コーヒーの温度が下がると、ホットの状態では感じにくかった雑味を感じやすくなるからです。

人間の味覚は、温度によって感じ方が変わります。
甘み、塩味、酸味、苦味、うま味を感じたときに、「味雷(みらい)」と呼ばれる部分で味の信号をキャッチして脳に送ります。

コーヒーの苦味はどんな感じ方になるのかというと、温度が高いほどマイルドに感じ、低くなるにつれ強くなります。

コーヒーの雑味はこげた苦味に含まれており、「苦味」に近い味覚が働く為、温度が下がるにつれて際立ちやすくなります。

一般的に「コーヒーが冷めるとまずくなる」といわれるのはその理由ですね。

その理論だと、氷でキンキンに冷やして飲むアイスコーヒーはとても苦いことになるよね
いい質問!たしかにそう思われがちですが、アイスコーヒーを「急冷式」もしくは「水出し」で抽出していれば、酸化させることなくクリアな状態で水筒に入れておけます

次に、「でもやっぱり、おいしいホットコーヒーを持ち歩きたいな~」という方にむけて、おすすめの入れ方を紹介していきます。

コーヒーを水筒で持ち歩くおすすめの入れ方

コーヒーを水筒で持ち歩きたいけど、おいしさをキープしたい人は必見です。

おすすめの入れ方は、コーヒーベースを作ることです。

お湯を足せばアメリカンコーヒー
牛乳と混ぜればカフェオレ
バニラアイスに掛ければアフォガードも作ることが出来ます。

コーヒーベースの作り方〔水筒編〕

コーヒーベースを作るには、2つの方法があります。
①ハンドドリップで作る
②水出しコーヒーで作る

コーヒーベースの作り方を詳しく知りたい方はこちら!

宅飲みコーヒーに最適!絶対に失敗しないコーヒーベースの作り方こんにちは、「宅飲みコーヒー」を運営しているとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅で美味しい珈琲を飲むために役立つ情報を...

コーヒーベースの楽しみ方〔水筒編〕

①運転中に飲みたい方
・・・コーヒーベース+熱湯=アメリカンコーヒー

②出先で飲みたい方
・・・コーヒーベースだけ持ち込んで、出先で熱湯を入れて飲む

そもそも論ですが、コーヒー豆の鮮度が悪いとどんな淹れ方を試してもおいしいコーヒーはできません。

なぜならコーヒーの鮮度は美味しさに比例し、ごまかしはきかないからです。

古いコーヒー豆と焙煎したばかりのコーヒー豆で作ったコーヒー、冷めてから飲み比べると雲泥の差です。

それでも水筒のコーヒーがまずい時は

コーヒーベースを水筒に入れてもコーヒーがまずいときに考えられる原因は、コーヒー豆の鮮度が悪いことが考えられます。

鮮度が落ちたコーヒー豆から作られるコーヒーは、香りが消え、えぐみや雑味が抽出されやすくなります。

鮮度が落ちたコーヒーを見極める方法

・市販のコーヒー粉を使っている
・コーヒー豆を購入してから2週間以上経過している
・焙煎日がわからない
・コーヒー豆や粉を常温保存している
・お湯を注いでも膨らまない

半分以上(3つ以上)当てはまる人は要注意。

コーヒー豆の賞味期限が切れている可能性があります。

賞味期限が切れたコーヒー豆からは、どんな淹れ方で抽出しても美味しいコーヒーは出来ません。

コーヒーの賞味期限

豆の状態で常温保存の場合・・・焙煎後2週間
粉の状態で常温保存の場合・・・焙煎後3日
冷凍保存の場合(豆の状態)・・焙煎後6ヶ月
冷凍保存の場合(粉の状態)・・焙煎後1ヶ月

コーヒー豆の鮮度が古くなっていると、めまいや下痢を引き起こす可能性があるので、コーヒーの管理には注意が必要です。

一度本格的なコーヒー豆を試してみたいけどコストが気になる。

そこでおすすめしたいのが、通販のコーヒー豆のお試しセットです。

コーヒー豆の通販がおすすめな理由

コーヒー豆を通販で買うという選択

通販でコーヒー豆を購入すると、意外とメリットが多いんです。

・初回限定パックで通常よりも格安で買える
・送料無料&ポストに直接投函だから初めてでも安心安全
・最高級品クラスの豆なので香りが最高

【1杯わずか40円】コスパ最高!コーヒー豆通販サイトを比較レビューこんにちは、「宅飲みコーヒー」管理人のとむ(@takunomi_coffee)です。 自宅でおいしいコーヒーを飲むために役立つ情報を発...